シャンプーは石油系よりもアミノ酸系の界面活性剤がおすすめ

石油系よりもアミノ酸系の界面活性剤を使用したシャンプーがおすすめ

髪や頭皮の脂汚れを落とすために、シャンプーには界面活性剤というものが必ず入っています。

ただ、界面活性剤には石油系とアミノ酸系があり、シャンプーを購入する際には注意する必要があります。
※正確には、他にもいろいろな種類の界面活性剤があります。

まず、石油系シャンプーは絶対に避ける方がいいです。

石油系の界面活性剤は刺激が強く、しかも、洗浄力が強すぎます。

その為、頭皮や髪を傷つけてしまいます。

また、頭皮の皮脂を全て洗い流してしまうのも問題です。

過剰な皮脂は頭皮にとっては天敵で、薄毛の原因にもなります。
ただ、皮脂は頭皮を乾燥と紫外線から守る役割があるので、全て洗い流すと乾燥や紫外線にさらされることになります。

乾燥はフケや頭皮の臭いの原因にもなります。
また、紫外線も頭皮にとっては天敵で、薄毛の原因にもなりかねません。

おすすめは、アミノ酸系シャンプーです。

アミノ酸系の界面活性剤は、刺激が弱くて頭皮や髪にとって優しい成分です。
また、皮脂を全て洗い流してしまうこともありません。

デメリットとして、
・泡立ちが悪い
・石油系シャンプーよりも値段が高い
という2点がよく上げられます。

ただ、アミノ酸系シャンプーは髪を傷つけにくいので、その後のトリートメントやリンスは不要です。
その分のお金が掛からなくなります。

それに、薄毛になってしまうと、その治療や育毛剤などの購入にかなりのお金が掛かるので、
それを考えると、決して高い買い物ではないはずです。

石油系シャンプーを使用されている方は、アミノ酸系シャンプーへの切り替えをおすすめします。

因みに、他にもベタイン系シャンプーというモノもあります。
こちらも頭皮や髪にとって優しいシャンプーになっているのでおすすめです。